スタッフブログ

2018.06.13

『道路橋の長寿命化対策に関わる技術講習会』を開催しました

半田営業所 佐川

平成 30 年 6 月 12 日 名古屋国際センター 別棟ホールにて
(一社)日本建設保全協会主催の『道路橋の長寿命化対策に関わる技術講習会』を開催しました。


 

この講習は道路橋の維持管理、長寿命化をテーマとした技術講習会です。
官公庁の技術職員の方や 建設コンサルタントの土木技術者の方々を対象に、
膨大な数に及ぶこれらの構造物を今後どのように維持管理していくのか、
構造物の寿命をどのように延ばしていくのか、官学産それぞれからお招きした講師の方々より、
最近の維持管理、政策の動向や補修・補強に関する技術などについて講演して頂きました。

 

ご参加頂きました皆様、ご協力頂きました講師の方々、後援を賜りました土木学会中部支部様

及び建設コンサルタンツ協会中部支部様、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

また多数の参加応募を頂いたのですが、250名の定員をオーバーした為、抽選による参加人数調整をさせて頂きました。
皆様に多大なご迷惑をお掛け致しました事を心よりお詫び申し上げます。
来年以降は会場を変更し、不都合の無い様に対応して参りたいと思います。
大変申し訳ございませんでした。

 

【講習プログラム】

開会挨拶 国土交通省 中部地方整備局 名古屋国道事務所 所長 山田 直也様

 

 

第1部 「道路構造物のメンテナンスに関する取り組み」

国土交通省 中部地方整備局道路部 道路構造保全官 竹内秋広様

 

第2部 「補修設計・施工の留意点と RC 床版の長寿命化対策事例」

一般社団法人 日本建設保全協会 技術部長 宗 栄一様
施工事例紹介 株式会社 前山 課長 長田 光雄

 

第3部 「コンクリート構造物の表面被覆材による劣化・剥落防止工法の事例」

「樹脂系接着剤を用いた注入方式の    あと施工アンカー工法の事例」
株式会社  駒井ハルテック  橋梁保全事業室 冬木 邦彦様

 

第4部 「インフラマネジメントと技術開発」

横浜国立大学 先端科学高等研究院 上席特別教授(特任) 藤野 陽三様

 

 

閉会挨拶 一般社団法人 日本建設保全協会 中部事務局 ㈱前山 代表取締役 前山 達彦

 

 

毎年開催させて頂いているこの講習も年々参加者が増え、非常に関心の高い事案である事を感じさせられます。
公共施設の維持管理、長寿命化は、後世にとっても重大な責任を含む現代社会の課題であることを痛感します。
この講習が少しでもお役に立てれば幸いです。