スタッフブログ

2015.10.08

名古屋瀬戸道路 ステンレスフェンス緊急修繕工事

本社 長田

対策工事のお話を頂いたのは年度末末期。

リニア鉄道軌道上空に並行して整備されているこの道路は、足助方面へのOFFランプ。

 

依頼内容はこうでした。

 

「投物防止フェンスの外にある道路照明灯の灯具交換工事を行っているところである。

通常、照明灯は維持管理用のフェンス開口部を利用して難なく維持作業出来るのだが、経年劣化により開閉出来なくなってしまった。

 

リニア軌道上であることから、橋梁点検車両でのフェンス越し張り出し作業は難しく、フェンス当該部分を解体するにも同様の理由で出来ない。下へ物を落とさない道路側からの作業を余儀なくされたことにより、灯具交換工事は中断せざるを得ない手詰まりの状況である。

一晩で完了出来る解決方法を提案し、道路維持対応してほしい」

 

なかなかタフな内容ですね。とは言っても、早速対策案を作成し管理者の方には充分ご納得頂き、写真の通りとなりました。

<対策前↓>

 

<対策作業中↓>

 

<対策後↓>

 

 

道路内が作業ヤードとして使用できたことは幸いでした。

この対応で道路内から再び維持管理できるようになり、中断されていた工事も安全且つ迅速に完了された様で、なによりでした。

 

最後に、現場元方業者様始め、ご協力いただいたスタッフ方々に深く御礼申し上げます。