スタッフブログ

2015.05.18

豊田 切削オーバーレイ、カラー塗装工事

半田営業所 佐川

 

 

豊田市の国道・県道で交差点改良工事(切削オーバーレイ、カラー塗装)を行いました。
とても交通量の多い交差点です。
1箇所の予定作業日数は6日間程度の予定です。
工事による交通渋滞を最小限に抑える為、一部夜間工事を実施しました。
夜間作業は夜21時~朝5時迄です。
この夜間工事についてご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

夜間工事は通常の昼間の工事に比べてとても慎重に行う必要があります。
まず周辺にお住いの方々にご理解を頂かなければなりません。
今回は1ヶ月程前から地元周知を行いました。
町内会の区長さんに相談し、回覧や直接訪問、工事予告看板の設置などで周知させて頂きました。
皆様のご理解とご協力を賜り工事は滞りなく終えることが出来ました。
大変感謝しております。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

夜間工事で苦労したのは曇天による作業中止判断です。
晴天や確実な雨予報の場合はあまり心配ありませんが、
中途半端な曇り予報が一番大変です。
本工事は舗装やカラー塗装を行うため、道路が濡れていると作業ができません。
作業時間帯が曇りの予報でも、夕方に通り雨が降ると作業ができない場合があります。
日没後の路面はあまり乾かないからです。
作業の段取りがある為、夕方の18時頃には中止判断を行わなければなりません。
テレビやインターネットの天気予報でよく確認します。
前日、当日朝、昼、夕方と、ころころ変わる天気予報に右往左往します。
時には雨雲レーダーの情報をもとに雨雲の進行方向を予測したりもします。

 

たくさんの作業員さんが夜間作業の準備をして待機しています。
中止にすると次の夜間に向けて何もすることなく朝まで起きて過ごすはめになりかねません。
作業員さんのご家族も含めると、多くの方々に影響を及ぼす事になります。
やむを得ず今回は2回ほど中止しましたが、その度に責任の重さを痛感させられました。
今年4月上旬の天気はとても気まぐれだったからです。

 

カラー塗装工事は専門的に扱っていましたが、舗装工事を担当するのは今回が初めてでした。
不慣れな分、勉強する事ばかりでしたが、協力して頂いたNIPPO豊田さんのおかげでとても助かりました。
ベテラン作業員さんや若い監督さん等、みなさん気さくで親切な方ばかりでした。
現場はみんなの力を合わせて作っていくものだなぁと改めて感じました。
新しいことに挑戦し、いろんな方の力をお借りしながら現場を遂行していく。
現場監督をやっていて冥利に尽きる瞬間です。
苦労もありましたが、これからも様々な事に挑戦していきたいと思わせる現場でした。