社長ブログ

2015.01.21

交通栄誉賞 「緑十字銀章」を受賞しました。

 このたび大変ありがたいことに、1月16日(金)に東京日比谷公会堂で開催されました交通安全国民運動中央大会において、交通栄誉賞「緑十字銀章」を拝受いたしました。

 この賞は各地域において永年交通安全運動に功労のあった方々に対し警察庁長官及び(一財)全日本交通安全協会会長より授与されるものですが、私の場合は「中央表彰」として推薦を受け特別に表彰をいただいたもので大変ありがたく思う次第でございます。表彰の対象は一般社団法人 全国道路標識・標示業協会の本部における二度に亘る理事としての活動や中部支部における交通安全への取り組み、そして愛知県協会における「子どもを守ろうプロジェクト」の全国展開などに功労が認められたとのことであり、協会の仲間の皆さんのお力添えに心より感謝申し上げたいと存じます。

 中央大会の開催された日比谷公会堂には全国からの受賞者で満席となり、私ども夫婦も指定の席にご案内いただきました。

 ご来賓として秋篠宮殿下妃殿下がご臨席され、秋篠宮殿下から「交通事故は減少傾向にありますが、これからも更に悲惨な交通事故をなくしていきたい。」との心のこもったメッセージをいただきました。

 出席予定の安倍総理大臣はエジプトへ外遊の途につかれましたので代読の挨拶があり、町村衆議院議長・山崎参議院議長・山谷国家公安委員長からもご挨拶がありました。家内にも全日本交通安全協会会長から感謝状を賜り、本当にありがたく思います。

 その後、(一社)全標協 生盛専務理事にご案内いただき警察庁を訪問。倉田交通局長様と高木交通規制課長様に受賞のご挨拶をさせていただきました。公務本当にご多忙の中、ご面談いただき協会の活動のご報告もさせていただくことができました。

 今回の身に余る栄誉を糧に、さらに交通事故防止に努力していく所存でございますので、今後もご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。